トルコアンティーク(ビンテージオヤ)のオヤスカーフ、いろいろ。

おすすめ度 ★★★★★
公開期間 2016/01/23~2017/04/06
情報区分 ハンドメイド(オヤ, トルコ遺産)
関連情報 ギャラリー情報
関連リンク http://shop.elma8.com
その他情報
情報コード

トルコのオヤスカーフ、ビンテージオヤスカーフのご紹介です。
スカーフの縁に編まれた、かわいいレース刺しゅう。
実はそのスカーフの色、質、柄にも特徴があるのです。
スカーフ生地のメーカーごとに印(マーク)をご紹介します。

内容

image image imageimage image

 


トルコにはOYA(オヤ)と言う伝統文化が今もあります。

オヤとは大まかに言うとトルコのレース刺しゅうのことです。

オヤレース刺しゅうは布の端に縫い付けらます。

主に髪の毛を被うスカーフやテーブルクロスの縁に縫い付けます。

ここにご紹介するものはそのビンテージオヤのスカーフです。(約20-40年前のもの)

ビンテージものを区別する方法は、布に印刷されたマークを見ればわかります。

いわゆる、メーカーの印ですね。

 

ピンク色のオヤスカーフは裂けています。

「これは洗っちゃダメだよ」忠告されていましたが、やっぱり、

自分の手で洗わないと、なんだか気がすみません。

どーして破れてしまったのか?

それは生地が薄いからです。

ビンテージもののよいところは1番に生地です。

現在は化繊がたくさん混ざり、使い心地はいいものの、

完全コットン(オーガニック)はほとんどありません。だから貴重です。

次によい点は何と言ってもオヤ刺しゅうがきれいなことです。

どれを見てもすばらしいもの、よく編まれています。

オヤの歴史をご存知の方はお分かりですね。

現在、オヤ付きスカーフを頭に巻いている人はあまり見かけなくなりました。

田舎ではまだまだ見ることは可能ですが。

それは都会のひとにとってダサダサだから、好んでつける人はいなくなりました。

そのような理由から田舎に住む家庭から、街のビンテージショップにたくさん売られています。

家にあっても、必要がないそうです。

どこか、日本の着物のような存在でしょうか?

そのビンテージショップを覗くことが好きです。

わたしが厳選して買ってきましたオヤスカーフの写真をここに載せます。

全て1点ものです。

 

オヤスカーフの歴史は宮廷で生まれたと言われています。

市民の間に伝わり、お嫁入り道具として持たされていました。

約100枚ほど一つの家庭には眠っているそうです。

お嫁入り道具に母親が持たせる、このオヤスーフには心をこめて編まれたと、言われています。

嫁ぎ先で幸せを願う母の想いです。

お嫁さんが全て使うモノではなく、

親しいひとに贈りものとしても重宝されていました。

そのような意味を持つオヤ刺しゅうはていねいに、なおかつ想いがたくさん詰まっています。。

現在、編まれているオヤ作家さんも、もちろんとってもすばらしいことは言うまでもありませんが、

パターンがある程度決まっていて、ビンテージに比べるとおもしろ味に欠けます。

あらゆるデザイン、カラーバリエーション、、、

その一つひとつにため息が出るほどビンテージオヤはお見事です。

トルコ刺しゅうの編み方はそれぞれ、家庭ごとに違いがあります。

おばあちゃん→お母さん→娘に受け継がれていく文化です。

モチーフのほとんどはお花です。

トルコに咲くお花を見て彼女たちは編みます。

編み方は全て彼女たちの頭の中にあります。教材などありません。

ビンテージオヤと判断する、布屋の印(マーク)に目をやると、

オヤに夢中になって、気が付かなったおもしろいものをたくさん発見しました。

ここではそのマークをお楽しみください。

トルコ情報に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ