アナトリア文明博物館。アナトリアに来たらオススメ!

おすすめ度 ★★★★★
公開期間 2015/06/30~2016/06/30
情報区分 トルコの歴史(トルコの歴史)
関連情報 トルコ旅情報
関連リンク
その他情報
情報コード t55

アナトリア文明博物館。
アンカラに来たら、ここは必須!必ず見学するべし。
だって、紀元前9000年頃の? 

内容

アンカラ城の横にあるアナトリア文明博物館。
わたしはここが大好きです。
改装されて、とっても見やすくなりました。人が少なく静かです。

初めて来たのは今から15年前にさかのぼります。
トルコで初めて滞在した都市がアンカラでした。
アンカラの観光地、トルコで初めて観光したところもここでした。

当時を思い出します~。
16:50にここに辿りつきました。
エントランスでおじさんは言いました。「あと10分しかないよ」。

「お金はいいから急いで見ておいで!」 そんなことあり~???
タダがうれしくって、ヤッホーといながら入場しました。(今から15年前)

その10分間? 何を見たのか? 全く覚えていません。
覚えていることは黒曜石のペンダントトップをおみやげに3つだけ買ったこと。
入場料の代わりと思って買ったのでしょうね。

それから14年ぶりに行ったわけですが、当時のおもかげは全くありません。
見やすく、近代的になったのは言うまでもありません。
もちろん、タダの入場なんてありえない、システム化されたエントランスが作らています。

チケットを機械にかざしたかな? 入れたかな? 何らかの動作をして入場しなければなりません。
タダ・・・・・・。とおおおおい、良き時代? なんだかそんな思い出でした。
期待したおみやげは全くなく、買いたいものはみつからなかったです。

にしても、わたしはここが大好きになりました。
博物館には紀元前から、ヒッタイト時代のものも展示されています。
あーこれは最近ね、と周りの展示と比べる、けれどそれも紀元前。

ロマンがありますね。
紀元前は動物たちの顔がかわいいのです。
その時代、動物は仲間だったのか? 既にペット扱いをしていたのか?

わたしは前者だと思うな~遺跡をみると感じます。
考古学者に尋ねれば答えはすぐに返ってくるでしょうが、あえて聞かない。
だって想像することが楽しんだもの。博物館とはそういうところだとわたしは思います。

それから、ここにはもう一つ魅力があります。
博物館の建物が歴史建造物です。
モノの本によると15世紀に建てられた、隊商宿と貴金属市場だそうです。

天井が高く、空気が澄んでいて、動物がいまにも動き出そうとする、想像の世界がひろがる。
もちろん、時代の偉人たちも・・・
思い浮かべる、顔がにやける・・・になります。

アナトリア文明博物館でにやけている人を見かけたら、
それはわたしです。

トルコ情報に関するご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ